--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-09

三国志祭2011・レポート2【コンテスト編】

今回はディレクターAKIと美術のNORIが合作で更新!

今日はおやこ三国志の今までの練習の成果を披露する大切な日でした。
そんな2回目の公演が無事終わって達成感と感動の余韻も冷めやまらぬ中、
すぐに私達は三国志ガーデン庭園での
コンテストに出場することに・・・。
さて、さてそのコンテストとは????

20111009-contest-002.jpg

★★三国志祭2011・レポート2【コンテスト編】★★ Writer by AKI

正解は・・・「ミス貂蝉コンテスト」です!!!

私達、おやこ三国志PROJECTメンバーはミセス(笑)!
しかも、呉国太(呉の国を治めた孫権の母)なら
わかるけれど、貂蝉(三国演義で美女という設定で
登場する女性)」だなんて、笑ってしまいますよね(笑)。

しかし!!笑ってすませてられないのです!
「盛り上げ役」を買ってでたからには、
笑いをとらなければ(笑)!!と、芸人根性(いや、
素人ですが)に火がついて、ハリセンを仕込んで出場!

しかも!!審査員は・・・長田区長をはじめ
潮出版社の岡谷さん、お世話になっている
鉄人PROJECTさんの理事長!という顔ぶれ。
そんな中で、コテコテのネタを披露してきましたよ。

コーラスで歌います!!

「おばはーん」(HIRO)テノール?
「おばはーん」(MAKI)アルト?
「おばはーん」(AKI) ソプラノ?

20111009-contest003.jpg

「おばはんの!!」(HIRO&MAKI)
「ちょうせん!!!」(AKI)
 
 ハリセンの表には「貂蝉(ちょうせん)」。
 裏には「挑戦(ちょうせん)」。

 この、ギャグわかっていただけましたか(笑)?
20111009-contest004.jpg

そして、お決まりの・・・バシッ!!はりせんが炸裂!!

20111009-contest-001.jpg

意外にも、ギャラリーから盛大な拍手をいただき
ました。とてもありがたかったです(笑)。

会場の皆様の温かい声援と拍手に迎えられ、
“おやこ三国志プロジェクト”ここにあり
を美しく可憐に?アピールさせていただきました。

あとは、畳み掛けるようにおやこ三国志PROJECTの
活動やら何やらPRをし、なんとか盛り上げ役の
使命を果たして参りました!! 



【こっそり裏話・write by NORI】

★コンテスト中は、大勢のギャラリーの中で、
 撮影を担当していました。
 
 ミスには選ばれませんでしたが(笑)、
 「あの、おばはん達が、ミスちゃうんか?」と
 いう声があって、メンバーとして嬉しかった反面、

 子ども:「きれいな女の人しかでれないんでしょ?
 どうして(おばちゃん達が)でてるの?」。
 親:「いや・・・それはな、いろいろあるねん」と。

 そのとおり!色々あるんです。
 おやこ三国志PROJECTメンバーがんばりました!!
(1?年前なら間違いなく私たちがミス・貂蝉で~す。(笑))

<今後の公演・ワークショップ情報>


◆11月27日(日)三国志ガーデン定期公演
 おやこ三国志PROJECT 公演時間【午後1時~・午後3時~】
 場所:KOBE三国志ガーデン・三国志交流館

  
<手作りワークショップ> 
◆三国志パワーストーンブレスレットづくり
11月3日(木)ママの夢フェスメルレーブ
http://melereve.blogspot.com/
場所:神戸・新長田・六間道商店街
時間: 1回目:午前10時半~11時半 ・2回目:午後11時半~12時半
    3回目:午前13時半~14時半 ・4回目:午後14時半~15時半
材料費:子ども1.000円(中学生以下) 大人2.000円

お申込みはこちらから(10月31日締め切り)
定員に満たない場合は当日参加も可能です。

◆11月27日(日)『結び』でつくる小物雑貨詳細
時間:16時~17時 場所:KOBE三国志ガーデン 交流館

定期公演会場・KOBE三国志ガーデン(交流館)への
行き方はKOBE三国志ガーデンオフィシャルホームページをご覧ください

http://www.3594garden.com/


 

theme : こんなことがありました
genre : ブログ

プロフィール

おやこ三国志

Author:おやこ三国志
神戸市長田区・親子向け
三国志の企画運営を行う
「おやこ三国志」
プロジェクトチーム
公式ブログ。

カテゴリ
最新記事
LINK
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。